新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えるにあたり、旧年中に皆様から賜りましたご愛顧、ご厚情に厚く御礼申し上げます。

 

昨年は新型コロナウイルス感染症における影響で、世界中がたいへんな危機に晒されました。未だに収束の気配を見せず、経済はもとより国民の生活に大きな影を落としています。

弊社にとっても今般のコロナ危機に直面し、仕事のあり方や危機管理の重要性を再認識いたしました。在宅勤務を設けるにあたりテレワーク環境を整えること、現場管理ソフトやWEB会議ツールを導入した業務の効率化、ホームページやSNSツールを利用した広告宣伝の強化など、様々な施策をチャレンジしているところです。

とはいえ、私たちの仕事はface to faceの関わり合いが非常に重要であることは変わりません。お客様との信頼関係においても、現場での職方さんとのやり取りにしても、実際に現場をみて顔を見て仕事をしなければ決して良い成果を出すことは難しいと思います。便利なツールを活用しながら如何にコミュニケーションを深めることができるかが重要な課題です。コロナが収束した後、いま進めている施策が大きな成果をもたらすと確信します。

 

また、これら危機管理の観点から弊社では経済産業省が推進する『事業継続力強化計画(通称BCP)』策定を始めました。BCPとは、自然災害による事業活動の停止リスクを想定し、いざという時に従業員の命や雇用を守り、地域や顧客との関係を維持・発展させていくために、実効性のある計画を策定し災害に負けない事業継続力を強化することを目的とするものです。コロナも含め、万が一の事態に遭遇しても対応できる強い会社となるよう準備を進めていく所存です。

 

弊社では昨年「かながわSDGsパートナー」として神奈川県より認定を受けました。政府も2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする社会を実現すると表明しています。健康でエネルギー消費量の少ない家づくりをこれまで以上に深化させ、より社会に貢献できる企業を目指してまいります。

 

本年が皆様にとって幸おおき年となりますよう祈念し、新年のご挨拶とさせて頂きます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社イソダ

代表取締役 磯田賢吾

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です