住宅資材の状況について

ご訪問有難うございます。

今般、ニュースでも報道されております北米輸入木材の高騰、いわゆる「ウッドショック」の影響で弊社の神奈川県産材も遅れたタイミングでは有りましたが、納期遅延などの影響は最小限に押さられつつ同様の価格の影響を受けております。

但し、この数週間は価格高騰に鈍化の傾向になってきました。

しかしながら、かなり以前に頼んだインターホンや洗浄便座、給湯器の納期未回答が発生しており、お引渡に向けた建築現場では緊張と不安が走っております。

更に、ガスコンロ、IHヒーター、エコキュート、ダウンライト等の遅延も発生しており、ベニヤ類の値上げ情報もお聞きします。

また、鉄類やフッ素加工品の値上げや遅延の情報も耳に入ってきております。

日々、最新の情報を集めてはおりますが原因規模が大きすぎる為、一部の人や組織ではどうにもならない事態に陥っております。

コロナによる生産地のロックダウン、世界的な新生活様式へのニーズやコンテナ問題と多岐にわたる影響との事です。

心から早期の終息を願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です